パソコン回収を依頼する前にデータは消した方がいい?

パソコン回収をご利用いただく前にデータをあらかじめ消去しておく必要はございません。

 

資源有効利用促進法(通称「PCリサイクル法」)という法律に基づいてメーカーにパソコン廃棄を依頼する場合、メーカーは回収したパソコンを解体し、粉砕して、資源化します。つまり、ハードディスクは完全に読み取れない状態になります。そのため、データを残したまま廃棄したとしても、データが流出することは基本的にはありません。

 

パソコン買取り業者やパソコン回収業者などに処分を依頼する場合にもデータの削除を行なってくれます。

 

しかし、一度自分の手元から離れたら、どこで何が起きるかわかりません。やはりきちんとデータを消してしまう方が安心でしょう。
ハードディスクからデータを削除して、ゴミ箱を空にしても、実はデータが見えなくなっているだけで、ハードディスク上に残骸が残っています。この残骸は、特殊なツールを使って戻すことが可能で、実際、間違って消してしまった重要なデータを復活させるデータリカバリではこのようなツールを使います。

 

心配な方はパソコン回収を頼む前に、ハードディスクを物理的に破壊するか、ハードディスクを抜いた状態で処分をすることをおすすめします。
わからない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。