パソコンは無料回収がおすすめな理由

資源の有効な利用の促進に関する法律(PCリサイクル法)が施行され、家庭用のパソコンやディスプレイはメーカーが回収することとなりました。そのため、燃えないゴミとしてゴミ置き場に廃棄することはできません。
古いパソコンの処分方法ですが、家電量販店やパソコンメーカーの直営店などで新しいパソコンに買い替えた場合、古いパソコンを下取り・引き取り処分してくれることがあります。

 

この場合は処分費用はかからず、下取り金額分を新しいパソコンの金額から値引きしてくれることもあるのでお得です。
もし新しいパソコンを購入した店舗がこうした下取りや引き取りを行っていない場合、自分で古いパソコンのメーカーに回収を依頼することとなります。
パソコンにPCリサイクルマークがある場合(2003年10月以降の製品)はメーカーに連絡をすれば伝票を送ってもらえ、古いパソコンを梱包して送り返せば手続きは完了となります。処分費用・発送費用はとくにかかりません。

 

PCリサイクルマークのついていない古いパソコンを処分する場合は無料で廃棄することはできないため、メーカーに回収を頼んだ場合は回収料金を負担する必要があります。
デスクトップパソコンやノートパソコンは1台で3,000円程度、ディスプレイは4,000円程度の料金がかかります。
料金の負担を抑えたい場合、壊れていないものであれば中古ショップで買い取ってもらったり、壊れていたり買取できない古いパソコンの場合は、無料で回収しているリサイクル業者に処分をお願いする方法もあります。
こうした業者ではパソコンを分解して高価な金属部品を取り出したり、使える部品を組み合わせてリユースパソコンとして販売されたりしています。
このようにパソコンの処分は手間がかかりますが、廃棄しておしまいではなくリサイクルをして循環するような仕組みになっています。